まがれみぎ

 せっかくですから曲がれ右して落し物を探しにそこまで

 呼吸 > 吐く息を当てる効果


管楽器(トランペット)を手がけるようになった関係で呼吸について少なからず思いを廻らす機会が多く、呼吸の世界の奥行きを感じています。
その一つに、トランペット奏法における独特な呼吸法が日常生活にも活用できそうなので紹介いたします。

まずはトランペットをどのように吹いているのか、呼吸のしかたを中心にさわりを少し。

トランペットを構えマウスピースを口に当て、吸った息を一旦腹に落とし込み次にその吐息を身体のある部位にめがけて当てるということです。
決してマウスピースに意識的に強く速い息を吹きつけて音を出しているのではありません。

その当てる部位は頭部のいろいろな部分になり、演奏者によってまちまちです。
また音域によって当てる場所を切り替えて演奏している方もいらっしゃるようです。
こういうことをすることによって音域が広がり、音質が良くなり、演奏の耐久力が倍増し・・・音楽に集中して取り組めるようになるのです。
トランペットを吹かない方にはどうでも良い話ですが、私にとっては何でそうなるのか不思議極まりない感覚なのです。
でもそういうイメージをもって吹かないとろくな音にならないのです。

この感覚はどうしても良い音を自由に出せなくて試行錯誤していたときに偶然であった感覚でした。
ずっと独学でしたので上級者に教わっていたら遠回りせずに済んだのにと、結構後悔してます。

以上がさわりでした。

いまだに不思議ですが、息のこのような使い方による効果が楽器の音質へ現れるということは、息を含む呼吸には使い方によって他にも様々な効果を現してくれるように思いました。

ということで、私は息をいろんな部位に当ててみながら、どんな風に感じどんな良い事が起こるのか楽しみにしながら遊んでいます。

少しづつ慣れてきたお陰で遊べるようになってきましたが、まだまだこれからのような気がしています。

息を当てるときは、当てた部位にどんな感じが起こるのかを待ちながらの時間になりますので、何も考えないようにして取り組みます。

これまでの例では、一旦腹に落とし込んだ息をそこから意識した身体の部位に運び当てるようにしていると、その部位に何かがみなぎってくるような感じになりました。
実際、手足が冷えたときにそんなイメージで深呼吸しながらそこに息を当てていると暖かかくなってきました。
また腹に落としこんだ息を背骨に注ぐように当てると背筋が伸びて気持ちが良くなりました。
更に
腹に落としこんだ息をそこから身体全体に発散させるようにイメージしても心地よさが広がってきました。

こんな風に息を当てることで心地よい状態が得られるということは、きっと健康管理にも役立つとも感じています。
体調不良が生じたとき、体内では免疫力がはたらいて修復に当たっているため痛みや違和感が起こります。
そこへ上記のように息を当てると修復力に何らかの活性化がプラスされ、
良好な経過が期待できることでしょう。 


私たちの意識は身体の各部へ自由に動き回り、また息に乗せて目指す部位へも運ぶことができます。
よく経験していることでは、それまで他のことへ集中していた意識が、突然
足に何か落ちてきた場合その足へ意識が移ります。


意識には表面意識(顕在意識)と深いところにある無意識(潜在意識)があり、動き回る意識は表面意識です。

しかし潜在意識はそう感嘆には動き回りません。
例えば身体に不具合が生じた場合はすぐにその原因を把握し淡々とその修復に向けて適切に免疫力を起動するのでしょう。

それに比べ頭で組み立てられた考えが主の表面意識による処置法は症状に対する取り組みがメインとなりがちです。つまり不具合の本当の原因がつかめないからそうせざるをえないのでしょう。

一般の方々は体の不具合に思いをめぐらせると不安材料を拾い集めるのがせいぜいです。
表面意識で不具合の原因を考えたり調べたりしても本当の原因がつかめない場合が多く、そのため間違った処置をしてしまい
良いことはあまり期待できないでしょう。

ではどうするかというと、私は断食をしていろいろな不具合を修復してきました。あわせて出来るだけ頭で考えないで無意識に深呼吸して丹田に息を当てるのが良い方法と思います。

呼吸法や息の当て方については奥が深く常に試行錯誤してみておりますがその結果、息の吐き方によって体内に力がみなぎる感覚がいろいろであると感じました。
力がみなぎる傾向にある息の吐き方は
「あ、う、お、ん」

の母音を発音するように息を吐くやりかたが相応しく感じました。
これらを発音するときは口の中(喉も含め)が開いていて息の抜けが
最も良く、下丹田に直球で当たるように感じます。

それに比べ「い、え」を含むそのほかの子音「か、き、く、け、こ」などでは「かあー、きいー、くうー、けえー、こおー」のようになり「か、き、く、け、こ」が邪魔になり息の抜けがよろしくなく感じます。
ですからはく息は
「あ、う、お、ん」の中から各自やりやすい発音をイメージしてやられたらよろしいと思います。
口からでも鼻からでもよろしいと思いますが私は鼻からのイメージでやります。

抜けの良い「あ、う、お、ん」のイメージで息を吐くとわりと速く吐ききってしまいます。
多くの呼吸法ではゆっくり吸って口をすぼめて
「フー」とゆっくり吐くというのが多いようです。

しかし「フー」だと喉元から口にかけての意識になりますが、「ウー」イメージで吐くと腹の底からエネルギーを立ち上げながらにつなげやすい感じがしますのでそうしてます。

この呼吸法は簡単で、立っても座っても横になってもでき、やろうと思えばいつでもできますので便利ですので試してみてください。


病的な症状への実際の効果についてはまだ経験がありませんので記載できません。

スポンサーリンク


↑ PAGE TOP