まがれみぎ

 せっかくですから曲がれ右して落し物を探しにそこまで

 想像の世界 > 潜在意識との交信の可能性

潜在意識ということばを耳にしますが、触ることも見ることもできないためこれが本当に存在するかどうかは誰にも分らないでしょう。

通常私たちが自由に顕在意識界で展開している意識のまま潜在意識界へ乗り込んで中の様子を確認したり検索したりはできないとされています。

ではどのようにして潜在意識の存在を認めたのでしょうか?

私が思うに心理学が研究され始めて依頼、顕在意識上(当事は常識的な意識)では人が生きる上で説明不可能なことが多すぎる、つまり解らないことが多すぎるためにその分野のことを顕在意識とは別の潜在意識という名前の意識層を用意し、とりあえずそこへ整理したことと思っています。

その潜在意識層の大きさは海に浮ぶ氷山に例えられ95%の水面下のスケール、顕在意識層は海面から上の部分5%相当のスケールといわれています。

一般の人たちは目の前に広がる95%の広大な内容をほとんど知らず、それ以外の5%の部分の何割かを認識して生きているようです。

95%の広がりが無いのならばともかく、高い塀にとざされているとはいえすぐそばに存在するのに中の様子の数パーセントも知るすべをもたないということはどういうことなのでしょう。
潜在意識は私たちを生かすためのコントロールをしている機関をも備えているであろうと想像されます。
なぜかというと、顕在意識ではそのような機能はおおよそ受け持ってはいないのが直感的にわかるからです。

このように塀の向こうから人体を管理する内容のエネルギーが届いているらしいので一方通行ながら気にはしてくれているようです。

しかし考えてみると身体に不具合が生じて潜在意識層へその情報が届き、そこから適切な免疫力が施されるということは一方通行ではなく場合によっては相互通行もあるということです。

こうなるとどうも潜在意識層との境界に廻らされた塀の所々には門が設置されている可能性がありそうです。
あとはその門の扉を開ける鍵を見つけ、うまくすることで95%の大きな世界を体験できるかもしれません。

その鍵が問題なのですが見つかる条件として思いつくのは、身体やその人の環境が普通じゃない状態になることがひとつにはありそうです。

普通じゃない状態といっても気が狂うとかではなく、常識的な思考にこだわらずあらゆる可能性を積極的に追いかけようとする意識状態にある場合ということです。

常識的な思考は顕在意識の上で展開されていますが、それは潜在意識界の常識(非常識?)とは普通は接点が無く通用しないであろうために顕在意識上の常識をリセットされた状態をつくる必要があるわけです。
そうしないと少なくとも潜在意識からのメッセージは認識できないでしょうから。

ところで私たちが生きているということは潜在意識からのメッセージを受け留めているからの成せる業といえますが、そのほとんどを認識は出来ていないことは確かなことでしょう。
正直これらをちょっとでも認識してみたいですよね。

では顕在意識上の常識をリセットされた状態とは具体的にはどんなことがあるのでしょうか。
様々あるでしょうが解りやすい例でいうと眠っているときに見る夢のなかの世界はそのひとつといえるでしょう。

夢の中で起こることは何でもありですね。
5%
の世界からすると
95%の空間はそれは何でもあると感じてしまうでしょう。
しかし普通は受動的に夢を見せられるだけで、そこへ意志をもって参加するのは不可能でしょう。
人によっては出来る方がおられるかもしれませんが、普通はできませんよね。

眠ってしまったら夢を見られるわけですが、しかし眠って夢を見るまでのプロセスに何か仕掛けを用意できると夢をある程度コントロールできるかもしれなさそうですね。
そのプロセスとは今のところ想像もつきません。

夢の世界は半分潜在意識界へ足を踏み込んでいる状態だと仮定して更に突っ込んでいく価値はありそうですね。

次のイメージが浮ぶまで今回はここまでにさせていただきます。

スポンサーリンク


↑ PAGE TOP